第3回かんじきレース世界選手権

新潟大学オリエンテーリング部

第3回かんじきレース世界選手権

こんにちは。新潟大学オリエンテーリング部です。
2/25(日)に阿賀町の御神楽リゾートで開催された第3回かんじきレース世界選手権に参加しました。
かんじきとは雪の上を沈まずに歩くために足に装着する器具のことで、
本大会はそれを履いて雪上を全速力で走るという競技です。
オリエンテーリングとは全く関係ありません。
第1回大会から参加していますが、第2回は都合が合わず参加できなかったので、
今年で2回目の出場になります。
このレースでは50m走、50m×4人リレー、2km耐久の3つの種目があります。
世界選手権なのでそれぞれのレースで世界ランキングがつくという極めて重要な大会です。
そんな重要な大会であるにもかかわらず、
幹事のエントリーのし忘れ、あいつ(サル)の寝坊、ドライバーの下調べ不足によるルートミス等の4回生によるトラブルがありましたが、
ここはさすが4回生。くぐってきた場数が違います。
自分たちのせいで遅れそうなのに「まあなんとかなるだろ~」的な精神でスタート時刻10分前に到着し、
締め切りギリギリでエントリーをするところから僕らのかんじきレースは始まりました。
以下は結果になります。
――――――――――
・50m走 男子
1位 小柏
2位 齋藤
・2km耐久レース
1位 高野
2位 長谷川
――――――――――
な、なんと!
オリエンテーリング部から2名もの世界チャンプが誕生しました!
おめでとうございます!
オリエンテーリングという非日常的なことをやってきたおかげで、
雪上という不整地を誰よりも早く走れたのでしょう。やったぜ。
50m走ではサルがまるでサルのような走りで会場をどよめかせ、
2km耐久レースでは200m以上の大差をつけて勝利しました。
さらに同時開催として、雪だるまコンテストが開催されました。
どんなことでも全力で勝ちにいく。それが新大オリエンテーリング部。
ドラマニアである僕を制作総指揮として、本気でドラえもん+ネズミの雪像を作成しました。
しかし、ここで期待を裏切らないのも新大オリエンテーリング部。
エントリーミスみたいなもので、金賞はおろか、審査対象にもなりませんでした。
しかし小さい子どもたちに大人気でしたので、金賞みたいなものでしょう。うん。
我が部でもついに世界ランキング保持者が誕生しました。
我々の未来は明るいですね。
これからも新大オリエンテーリング部はかんじきレースガチ勢として日々トレーニングをしていきます。応援よろしくお願いします!
S__180895746.jpg
文責:大会幹事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です